« トグルスイッチのノブ | トップページ | おわかれ »

2014年4月11日 (金)

虫垂炎

食後に襲われたヘソの辺りの腹痛。

痛みの位置からして、

『食あたり?何か腐ってたんだろうか?』
くらいの考えで、ガマンしていた。

痛いながらも、横になっていたら寝てしまい、小一時間後に目覚めた。
一眠りしてさて、治っt・・・ 痛い、むしろさっきより痛いぞ。
芋虫のような格好でもだえることさらに小一時間、一向に良くなる気配はない。

『これはアカンやつや』 
と諦めて、当番医のところに駆け込む。

CTスキャンにレントゲンに点滴、そして触診で腹を押されまくる。
あまりの長い痛みと、押されまくる痛みで、もうどこが痛いのかもさだかではない状態だが、
どうやらこれが虫垂炎、俗にいう盲腸の特徴的な症状らしい。

痛みが移動するのだ。
ヘソの辺りから始まって、時間ともに右下腹へと移動していく。
痛みにも波があって、耐えられそうな時もあれば、アカンやつやと思う時もある。
最終的に右下腹に落ち着き、そこを押して【離す】時に鈍い痛みが響く。

「盲腸は右下腹は痛くなる」
というのはよく聞く話で知っていたけども、まさか痛みが移動するとは、そして自分が罹るとは思ってもみなかった。

診察の結果、それほど重い症状ではなかったようで、今回は切らずに薬で散らすこととなったが、
二人に一人は再発するらしい。そしてその時は切る方向で、ということになった。

炎症箇所が破裂すると重症化するらしいので、上記のような症状が出たらガマンせず、早めの診察をオススメします…

|

« トグルスイッチのノブ | トップページ | おわかれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トグルスイッチのノブ | トップページ | おわかれ »