« 脇道 | トップページ | 掛川花鳥園 »

2007年5月 8日 (火)


0705081
永い間ほとんど弾いていなかったジャクソンを復活させてみた。
フロイドローズで半音下げチューニングにしていたため、レギュラーチューニングに戻すのがひどく億劫だったが、たまにはシングルコイルの音も聴いてみたいという衝動からである。

0705082
使用した絃は最近話題・・・っつっても界隈ではすでに超有名なエリクサー
初めて使ったその時からアーニーボールから一瞬で乗り換えたw
特殊コーティングが施されているため、アーニーボール比で2~3倍の値がついているが、サビにくさといい音の張りといい4~5倍も長持ちするコストパフォーマンスの高さが売り。

「コーティング」と聞くと絃振動を阻害し、こもった音?的な印象もあったが、意外や意外。かなりブライトな音がする。何よりあの面倒な絃交換から解放されるのが嬉しい。

0705083
なんとなーく絃無し状態を・・・

0705084
俺用メモ。
カウンタースプリング巻弦側をナナメ掛けするように。
あと、フロント&センターPUのスプリングも換えるように。

で、復活させてみた感想。
さすがスルーネック・・・超弾き易いw
つーか思いのほかネックが鳴る。昔こんなん鳴ったかなぁ・・
リアPUはディマジオ・エアーゾーンなわけだが、昔ほどギンギン言わなくなった。磁力が弱ったのだろうか?悪くないw

今回の目的である、シングルコイルの音の件。
単品の音はイマイチだが、ハーフトーンはお気に入りであるw
ハムの音に慣れすぎていたせいもあるだろうが、軽やかな音は弾いていて非常に気持ちがいいw
こうしてみるとオールマイティーなギターだなぁと思う・・・
しばらく使ってみようw

( ゚∀゚)ノシ

|

« 脇道 | トップページ | 掛川花鳥園 »

音楽」カテゴリの記事